« 遠い街へ行こう | トップページ | どこへ向かうのか知りもしない »

2005/06/21

状況は悪化

AWAKE買いました。3週間長かったわー。
ラルクはともかく、
来週のばらいろポップの方が楽しみな私はどうすればいいですか。
一度試聴会で聞いちゃったからでしょうか。
ラルクのアルバムが出たぞーーーーーーッ!
っていう以前ような盛り上がりがないんですよね。
アルバムの中では、
オフィーリアとAS ONEとトゥインクル×2が好きです。
オフィーリアのピアノ、やっぱり富樫さんでしたね。予想通り。

それよりロキノンですよ。
昨日本屋行ってるヒマがなかったので、
今日タワレコでAWAKEついでに買ってきたのですが。
あのぉ。大丈夫ですか。
今後ラルクが載ることはないんじゃないかな。ロキノン。
そもそもロキノンにラルクが載ることも不思議なんだけど。
大衆音楽をあまり取り上げることがないから。
私はラルクしか読まないからわからんのだけど、
(そもそもロキノンに載ってるようなアーティストあまり好きくない)
ロキノンて、AWAKE特集とか言っても、
大体アーティストの生い立ちとかそっちが中心で、
アルバムの話はさっぱりというわけでもないが、
隅に追いやられるのがオチ、じゃないですか。
アーティストの人生振り返りますみたいなこと言われても、
ファンからしてみれば何回も聞いたことあるようなことの繰り返しで。
だからロキノンのラルクのインタビューってはっきり言って、
面白くないのですね。私は。
isを読み返せばいいことしか書いてないんだもの。
AWAKEの話が聞きたいのであって、
けんちゃんの生い立ちなんかまぁどうでもいいんですわ。
それにてっちの言うとおり、
付き合いの浅い人からのインタビューで本音が聞けるわけなく。
だから、RRNとかB-PASSのラルクに何回も何回もインタビューしてる人の、
腹を割ったインタビューの方が好きです。笑い話も引き出せるし。
荒川さんだっけ?B-PASSの。
あの人のインタ好きなんだけどなぁ。まだやってらっしゃるんですかね。
そういえば最近B-PASSにラルクでてこないですね。

そう。最近気付いたんですけど、
はいどさんのインタビューってどれ読んでもだいたい面白いんですよ。
面白いつまらない関わらず、
何言ってるのか理解できないのがけんちゃんなのですが(爆)。
はいどさんは、ファンが何を聞きたいかを正確に理解して、
私たちが一番わかりやすい言葉を選んで話してくれてる。
自分の考えていることを言葉にするのが商売の人だしね。
そしてインタビュアーに対しての礼儀とか気遣いも忘れないし。
人間ができたちゃんとした、「大人」。
こういう周りへの気遣いが自然と出来る大人って中々いない。
だから、はいどさんのインタビューは安心して読める、っていうのはあるかな。
インタビューする方もそうなんじゃない?
というわけで、逆にてっちにインタビューするのは難しいんだろうけど、
よりによってミスるかなぁ、もう。
こんな誰かと誰かの確執なんて見たくないよ。
そろそろロキノンから手を引いたらいかが?

|

« 遠い街へ行こう | トップページ | どこへ向かうのか知りもしない »

コメント

始めまして。
いつも楽しく見ています。

私もロキノンとラルクってどういう関係なんだろうと色々考えました。
一応文章にした後これを読んで、私はこう言いたかった気がするなぁ。
と思い、少しすっきりしました。


投稿: 佐久 | 2005/06/22 18:21

はじめまして。こんばんは。
ごひいきにしていただいてありがとうございます。

そうそう。あの雑誌の中で、浮いてるんですよね。ラルさん。
ジャンル分けどうこうの前に、雰囲気が違う気がします。
今後掲載されないことを祈るばかりです(爆)。
私自身、こんなこと書いていいのかと思ってたので、
同じように考えてた人がいて一安心です(^^;
これからもよろしくお願いします^^

投稿: みゆ | 2005/06/24 00:36

今読み返すと、凄い挙動不審な書き込みで恥ずかしいですが。

私こそ一安心できました。
載らなくてもいいかなと思いますが、
それは、yukihiro二万字インタビューが終わったのちに。
yukihiro二万字インタビューをやる確率は一番高そうですから。

こちらこそよろしくです。

投稿: 佐久 | 2005/06/24 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109962/4651654

この記事へのトラックバック一覧です: 状況は悪化:

« 遠い街へ行こう | トップページ | どこへ向かうのか知りもしない »